タイトル 価格
こう思う:第二原則
DVD『横田英毅のこう思う』
第二原則:自らを動機づける風土づくり
[1枚・約90分]

他の商品と一緒にご注文いただいた方はまとめて令和2年6月27日以降の発送となります。(在庫のある商品の発送を希望の方はフォームの『連絡事項』欄にお書きください。その際には送料が都度発生しますことご了承いただきますようお願いいたします)

ご予約特別価格

定価13,000円(税込)
10,000円(税込)

数量 :

こう思う:第一原則
DVD 『横田英毅のこう思う』
第一原則:人が育つ経営
[1枚・約83分]
13,000円(税込)

数量 :

詳しくはこちら

『こう思う』創刊号+『どう思う』6巻セット
『横田英毅のこう思う』創刊号+
『どう思う』1〜6号
 合計7巻セット

「横田英毅のこう思う」
・第一原則:人が育つ経営

「どう思う」シリーズ
・創刊号:生きる力、働く力
・第二号:人を"採用する"ということ
・第三号:人の育つ場を創る
・第四号:事業外活動で高まる「関係の質」
・第五号:共創型リーダーの流儀
・第六号:採養力を強化せよ!

57,000円(税込)

数量 :


【絶賛発売中のタイトル】

タイトル 価格
  • 人財育成
  • 採用活動
  • 職場づくり
どう思う6
DVD『どう思う』第六号
採養力を強化せよ!

全国で超採用難の時代を迎えています。大手企業を中心に進む「働き方改革」によって、今度、中小零細企業の人財確保は更に困難を極めます。今回の「どう思う」は、この問題と正面から向き合い、為すべきことを菅田得だしていただけるよう、人財採用と人財育成の両側面にスポットを当てて話し合いました。

11,000円(税込)

数量 :

詳しくはこちら

  • リーダー像
  • 創造
  • 人財育成
  • 採用活動
  • 継承
どう思う5
DVD『どう思う』第五号
共創型リーダーの流儀

1980年にトヨタビスタ高知(現ネッツ南国)が発足してからの8年間、新卒採用の最前線に立った横田英毅、そしてその後を引き継いで18年間その現場に立った大原光秦。さらに現在、新人採用・育成の現場最前線で、ネッツ南国全社員採用担当者の風土づくりを目指して全力投球する小松友紀。どう思う第五号は、この3名が語り合います。リーダーとして、長として、自分はいかにあるべきなのか、ありたいのか。自問自答を繰り返し、悪戦苦闘しながらも挑戦し続ける姿、その根底にある想いに触れてください。

11,000円(税込)

数量 :

詳しくはこちら

  • 経営者
  • 創業者
  • 理念
  • 人財育成
  • ネッツ南国の風土
どう思う1
DVD『どう思う』創刊号
[高画質リマスター版+副読本セット]
生きる力、働く力

少子高齢化、雇用不安など、日本が抱える課題は山積みです。これらは個人、あるいは一企業だけで解決しようとするには余りにも大きすぎる課題です。明るい未来を描きにくい今、私たちが未来を担う子供たちにできることは…。  そんな思いを込めて制作したのが、この映像シリーズ「どう思う」です。ネッツトヨタ南国の創業者、横田英毅と同社の採用と組織開発を長年手がけてきた大原光秦が、現場第一線の社員を交えて本音で語り合う「生き方・働き方」。  社会的課題の先進県とも言われる高知で、理想の職場づくりに挑戦し続けているネッツトヨタ南国。ここから発信する人財育成や組織開発にまつわる「どう思う」を一緒に考えてみませんか?

3,800円(税込)

数量 :

詳しくはこちら

  • 採用担当者
  • 採用活動
  • 人財育成
どう思う2
DVD『どう思う』第二号
人を"採用する"ということ

人を育む。それこそが企業の存在価値であると考えるネッツトヨタ南国。同社における採用活動はその成否を分ける最重要業務として位置づけられています。入社の門を叩く学生と真っ直ぐに向き合い、繰り返し対話し、最善の就職への道を共に考える。顕在能力の高い人材をただ選ぶのではなく、同社でこそ成長し、潜在する力が発揮されるであろう人財を迎え入れること、そして、その道程で出会ったすべての学生が高知で就職できるよう支援していくこと。就職希望者とネッツトヨタ南国で地域の未来を創る、三方善しの採用活動です。第二号では、そんなネッツトヨタ南国流の採用活動にまつわる「どう思う」をご紹介いたします。

7,500円(税込)

数量 :

詳しくはこちら

  • 現場第一線
  • 場づくり
  • リーダーシップ
  • チームワーク
  • 考える力
どう思う3
DVD『どう思う』第三号
人の育つ場を創る

何世紀にも渡り人類が考えてきた根源的なこの問いを今回は取り上げました。人は、考える時に「言葉」を用います。使用する言葉の違いが行動の違いを生み出し、成果の違いを生み出すもの。たとえば・・・
「経済と道徳」「満足と幸福」「目標と目的」「部分最適と全体最適」「全員参加と全員参画」「環境整備と場づくり」
今回の「どう思う」では、似て非なるこれらの言葉の違いを扱いながら対話が進められ、やがてネッツトヨタ南国の組織横断型委員会活動(プロジェクトチーム)が活性化される源泉、原動力とは、という問いに発展していきました。とはいえ、明確な「答え」のない語り合い。ご覧になって「どう思う」かは皆さん次第です。ぜひ職場の方々と異見交換してみてください。

7,500円(税込)

数量 :

詳しくはこちら

  • 現場第一線
  • 場づくり
  • 主体性
  • プロジェクト
  • 一体感
どう思う4
DVD『どう思う』第四号
事業外活動で高まる「関係の質」

F・テイラーの提唱した科学的管理論から百年。仕事を標準化して教育を施し、労働環境を整え、時間や出来高を管理することで生産性を高めるという考え方。作業効率が勝敗を決めた市場拡大の時代には功を奏した組織論ですが、今の時代には十分ではありません。求められるのは、進化の種となる「ゆらぎ」。どうすればもっと喜ばれ、貢献できるかを基点にして、固定観念にとらわれずに考えることから行動の多様性が生まれ、失敗や成功から個人・組織の学習=進化が導かれます。
第四号では、前号に引き続いてネッツ南国のイベント活動に焦点を合わせ、コミュニケーション向上やチャレンジングな風土づくりにとどまらない、人間的成長への効用について考え合わせてみました。

7,500円(税込)

数量 :

詳しくはこちら