横田 英毅

ネッツトヨタ南国 取締役相談役 / ビスタワークス研究所 顧問

1917年より続く西山グループの資本家の一員として、数社の代表取締役を務めています。グループ系列企業数社を経て副社長に就任したネッツトヨタ南国では、1980年の設立当初から経営の最重要テーマとして「人づくり」の問題に取り組み、1987年、同社代表取締役社長。2007年、同社代表取締役会長。2010年、同社取締役相談役に就任して現在に至ります。現在は高知県産業界の人材にまつわる問題解決にあたるべく、「土佐経済同友会(2000年〜2004年)」「高知県パワーカンパニー会議」「高知県経営品質協議会」などの代表幹事、「高知ロータリークラブ(2018年度会長)」などの活動を通じて「人づくり」に関する様々な提言をおこなっています。

人が輝く人間性尊重の組織づくり

やりがいのある職場・考える社員による高いお客様満足

いい組織、いい経営

社員のやりがいを生み出すための経営者の役割とは

人が活きる企業経営

目指せ小さな一流企業

1965年
生まれ
1989年
関西大学法学部卒業と同時にトヨタビスタ高知(現ネッツトヨタ南国)入社 リクルート室配属
1992年
基幹コンピュータシステムの導入業務、保険業務など
1995年
人財開発室 室長として採用、人財開発にあたる
2001年
経営品質向上プログラム推進責任者として組織開発にあたる。翌年、日本経営品質賞受賞に導く
2007年
ネッツトヨタ南国内にビスタワークス研究所開設 所長就任
2010年
株式会社ビスタワークス研究所として独立 代表取締役社長 就任
2013年
ネッツトヨタ南国株式会社 取締役 就任